今日は打ち合わせの日でした。土曜日のとか、アニメやゲームのお披露目についてとか話してきました。
ていうかまず、どん。

操兵ミニフィギュア着彩
操兵フィギュア背面

聖刻レギオン(仮)のコマになるフィギュアの試作です。デモ用に着彩してみました。サイズは全高4センチほど。大変苦労しましたとは着彩を担当した磯辺氏の弁。

試作の初号なので、ミニサイズへの調整が完全ではなく、諸般の事情もあってちょっと時間がかかってしまいましたが、1発目としてはなかなかの出来だと思われますがいかがですか。
もちろん、ここからさらに改良が重ねられていて、実際にお披露目するときにはもっと完成度が上がっている(現状でもエッジの立ちとか全然違う)ことでしょう。
うきうきしますね。

で、もちろんゲームの方も着々と進行しております。昨日も書きましたが。
タイトルは『聖刻レギオン(仮)』。ほぼこれで決まりだと思ってるんですけど、まだこういう段階なので(仮)。

すでにシステムの骨子はできていて、現在はテスト用のパラメータなどの設定や調整段階です。細かい調整は当然あるでしょうが、ほぼこのままでいけると踏んでいます。いや、さすがロンメルゲームズさん。素晴らしい。
ゲームのお披露目は、来年の春先を予定しています。ゲームの完成自体はもっと早くなると思うんですが、イベントの日程的にそんな感じです。時間ができたので、ゲームのプレイの様子とか、前書いたみたいにわかりやすい形でやれないかどうか試すつもりでいます。
まあ、土曜日にももうちょっと突っ込んで同じ話をすると思います。よろしくお願いします

まだまだ微速でではありますが、着実に前進はしています。いままで耐えてきた甲斐もあり、ようやく発表できるものも増えてきました。
レギオンはまだどういう形になるかは未定ですが、ここまで形にできた以上、簡単に終わらせるつもりはありません。
聖刻の大地も現在は見た目止まっていますが、作業は進めています。早く第1弾リリースしないと(焦り)。
とにかく週末に向けて、ワースプロジェクト周辺はなにかと慌ただしくなっています。いやもう。とかなんとか言いながら、これは書いてるのな。
いやだって息抜きなんですもん。

日下部匡俊

あ、フィギュアは試作なだけで、いまのところワースブレイド操兵だけですが、もう何体か出ます。結構種類ありますよー。というわけで、レギオン試遊の際は「この操兵はムーン・ドアーテじゃない、この操兵はムーン・ドアーテじゃない」の呪文は必須と思われます。